Macbook+HHKBで、最もミニマルに尊師スタイルへする方法を考えた。これならキーボードブリッジ不要。

Macbook+HHKBで、最もミニマルに尊師スタイルへする方法を考えた。これならキーボードブリッジ不要。

こんにちは、イケダです。

良いデザインをするには、制作環境を徹底したい。単にガジェット好きなのですが、気分良く仕事をすすめるために、使う道具はとても重要だと思います。

今日は、愛用しているキーボードについて。

[ PFU Happy Hacking Keyboard Professional JP 日本語配列 墨モデル ]
(以下、HHKB) を使用しています。

キーボードは、何年もかけて買いあさりました。HHKBは、MacBook とキー配列がにていることもあり、合わせるとサイコー。毎日のタイピングが楽しいです😌

先日、キーボードについて『尊師スタイル』という存在を知りました。

そして、新しい発見がありTwitterに下記投稿をしました。


こちらが意外に反応ありましたので。今回ブログで綴りたいと思います。

目次

  • 尊師スタイルってなに?
  • 尊師スタイルで使ってみた。→問題点あり。
  • キーボードブリッジ不要。HHKBをカスタム。
  • まとめ:尊師スタイルのタイピングについて。

それでは、まず。

尊師スタイルってなに?

以下、引用させていただきました。

それはリチャード・ストールマンがラップトップ上に HHKB を置いてタイピングしている画像が元になっている。
ハッカーおよびプログラマとしての貢献に対する畏敬の念を込め、彼のことを尊師と呼ぶことからこの名前が付けられた(と言われている、と私は解釈しております)とかなんとか・・・

出典:Qiita @@midorinokimi さん
https://qiita.com/midorinokimi/items/8da9f234e96f1fa0f9e0


説明します。

はじめて、尊師スタイルを見かけたときは衝撃でした…

普通は外付けキーボードはこんな感じで置きますよね。

外付けキーボードの普通の置き方

普段このスタイルで仕事してます。 あ、マウスも使いますよ。

「てか、Macのキーボード使えばいいじゃん?」ってツッコミはあるかと思いますが。 HHKBは、タイピングしやすいんですよ。とにかく打ちやすい👌

仕事もはかどるのでで HHKBを使っているわけです。

そのあたり、HHKBを語るのはとりあえず置いておいて。

尊師スタイルっていうのが。

これです。

尊師スタイルとは、キーボードの上にキーボードを乗せるスタイル。

外付けキーボードの尊師スタイルの置き方

…マジか


なんで載せてんの?

びっくりします。自分もツッコミいれましたよ。「キーボードの上に、キーボードをのってる!?」って😱

試しに、尊師スタイルで使ってみました。

尊師スタイルでタイピング うちやすい

…う。打ちやすい!

はいはい。錯覚やろ?

しかし、このままだと致命的な問題がありました。

問題点:本体のキーと接触するので誤作動が起こる。

問題点:HHKBとMacbook本体のキーが接触する

HHKBがmacbookのキーボードに乗っかってるのでタイピング中に、下のキーが押されますよね。

じゃ。どうやって、尊師スタイルで作業されているのか?を調べると、こんなものも売られいました。

要は、HHKBがMacbookのキーに触れないよう、上記キーボードブリッジ(脚付きボード)を置く → その上にHHKBを置く。

ふむふむなるほど、と思う一方。やっぱりそのままMacbookのキーを打てばいいのでは?とも思ったり。

で、

「板なのに、まぁまぁのお値段ですねー。」
「モノ増えるなぁ…これ買うのもなぁ…」

と考えた結果。

「あ、キーボードの隅に脚つけて、隙間つくればいいやん。」と、ひらめきました。

そんなわけで、

キーボードブリッジ不要。HHKBにゴム脚つけました。

使ったものは3つだけ!所用時間は、10分かからないくらいです。

  • ゴムシート 1mm (多分2mmの方が良い)
  • 穴あけポンチ
  • 強力接着剤

*こちらの方法でカスタムされる際は、自己責任でお願いいたします。

HHKBを尊師スタイルへ カスタムに使用したもの3つ

ありもので工作したので、費用0円です。

くり抜いたゴムシート(直径3mmほど) を、に”ココ”に貼り付ける。

ゴム脚を貼り付ける場所

ゴムシートは、厚さ 2mm 以上はある方が良いです。今回は、家にあったゴムシート1mmをくり抜き、重ねて接着したものをHHKBにつけました。

Macbook の キーに触れないように HHKBをおいてください

上記画像の、縦の水色ライン。HHKB本体下に、取り付けたゴム足があります。

Macbookのキーボードに、HHKBにが触れないように。そっと、水色のラインに合わせて HHKBを置きましょう。

尊師スタイル完成

完成!

今回、ゴム脚はHHKBの裏面。『上の端っこ 2箇所のみ』につけました。

下側には、もともとのゴム脚がついています。Macbookのキーボード枠より、ちょい下に。ずらして配置しています。

ちょっと浮いてるのがわかりますか?これで隙間ができて、Macbookのボタンに接触にすることなし。

ゴム脚でちょっとmacbook本体との間にすきまができる

キーボードブリッジがなくても、安全に尊師スタイルができます。

よかったね。

まとめ:尊師スタイルのタイピングについて。

その後、尊師スタイルでタイピングをしていました。

トラックパッド使えるのはいいですね。

まぁ、でも、使用感については結論から言うと。

「僕は、尊師スタイルではタイピングしないかなー」😅

結局このスタイルですね

マウスの取り回しとか手の置き位置とか見直すと。

結局、このスタイルが使いやすかったです。振り出しにもどりました🙌

尊師スタイルは、気分転換の時に楽しむことにします。

個人的に、PCは Macbook。キーボードはHHKB 一択です。

今後も、ガジェットの記事は増やしたいと思います。

HHKBにご興味がありましたら、ぜひ下記よりご覧ください。

それでは。

最後まで、お読みいただいてありがとうございました!

おまけ:ケンジントントラックボール

トラックボール、久々に出してきた…

こうみるとルックスは好きなんですけどね。

WEBデザインでは、ちょっと使いにくいかな…使用頻度減ってきたな。断捨離?(笑) ガジェットを悩み続ける日々は、続きます。

関連記事

「Kensington ケンジントンのトラックボール Expert Mouse K72539JP Webデザインで使えのるか? レビューします。」はこちら。