カーソルキーを使わなくてもできるmacのテキスト編集方法

カーソルキーを使わなくてもできるmacのテキスト編集方法

今まで、日本のJIS配列キーボードしか選択肢になく、あまり見る機会がなかったUSキーボード。ふと手にする機会がありました。

ガジェット好きの方は、どこかのタイミングでUSキーボードが気になる時期がくるものと、思います。

現在使用しているキーボードは、HHKB JIS配列はこんな感じ。

HHKB pro jp キートップレイアウト

違い、わかりますか?

再度、HHKB US配列を。

HHKB pro us キートップレイアウト

US配列は、キートップのレイアウトが美しいんですよね。

たぶん多くの方の意見として、US配列は見た目がかっこいい。Enterキーがすっきり横長、左右のバランスが美しいんです。

特にHHKBはUSは、キーの総数が60個と少ない(JPは69個)。 ごちゃつきがなくミニマルなキーボード。

ミニマリストを目指す僕にとって、キートップの数も減らしたい。変な欲がふつふつと湧きました。

ただ、不満が一点。HHKBはUSは、独立したカーソルキー(矢印キー)がないんです。絶対的に不便です。

でも気になるので、試してみることにしました。

今回のブログは、この時に勉強した『カーソルキーを使わなくてもできる テキスト編集のショートカット(macです)』

覚えると結構役立ったので、残しておきます。

では、どうぞ。

macでテキスト編集するときのショートカット

※下記表の”覚え方”は自分で考えたものです。間違ってるかもしれないので、人には話さない方がいいかも。お気をつけください。

ショートカット 内容 覚え方
control + P 1行上に移動する Previous
control + F 1文字分進む Forward
control + B 1文字分戻る Back
control + N 1行下に移動する Next
control + A 行または段落の先頭に移動する Ahead
control + E 行または段落の末尾に移動する End
control + K 挿入ポイントから行or段落の末尾までのテキストを削除 けす?
control + T 挿入ポイントの右側の文字と左側の文字を置換 Toggle
control + D 挿入ポイントの右側にある文字を削除 Delete
control + H 挿入ポイントの左側にある文字を削除 思いつかない
control + O 挿入ポイントの後に1行挿入 Open? 1行あける
control + L * カーソルまたは選択範囲を表示領域の中央に表示 思いつかない

最後の control + L は、mac テキストエディタでの動作です。その他のエディタ、僕はBracketsを使っているのですが、これはできませんでした。

テキスト変換時のショートカット

あと、テキスト変換時にカーソルキー(矢印キー)を使わずに単語選択できる方法もありました。(入力ソース Mac日本語の場合)

ショートカット 内容
control + E 1つ上を選択 (カーソルキー↑と同じ)
control + X 1つ下を選択 (カーソルキー↓と同じ)

左手で上下に動かして選択できるのは便利です。

その他、Appleにたくさんのショートカットが記載されていますのでこちらに残します。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201236


タイピングの方法も深掘りするといろいろ出てきて面白いですね。

ちなみに、US配列を使ってみて一言。

全然なれない!

カーソルキー(矢印キー)がないのもですが、記号の配置、エンターキーの押しまちがいなど苦戦しています。

そんな経験も、いつかまとめて 「JIS・US配列の比較」の記事も書いてみようかと考え中。

それでは、本日もこの辺りで。最後までお読みいただきましてありがとうございました。